選ぶのを迷う結婚指輪

今日は天気も良くて、自転車で会社に行きました。自転車に乗っている時は風があって涼しいのですが、自転車を降りた途端に汗が出て身体があつい!早く着いたので就業時間までクールダウン。休憩室にある雑誌を見ていると、ジュエリーの広告があり、そろそろ結婚式の指輪を買わないとなぁと思っていたので目にとまりました。

3月に入籍してから、まだ結婚指輪を買っていません。式が11月なので焦ってはいなかったのですが、そろそろ準備しないとですね。一生身に付けるものなのであきのこないデザインがいいなと思い、ネットや雑誌をみているのですが沢山のデザインがあります。サイドにワンポイント入れるデザインや、「メッセージ入りのもの、ダイヤつきのデザインやシンプルなものまで様々で迷ってしまいます。

ところで結婚指輪は何時頃から身に付けるようになったのが気になり、調べてみました。昔からパワーアイテムとして身に付けられていた指輪がローマ時代に結婚の儀式で結婚の証として男女が指輪の交換をしたことが始まりだったそうです。
円い形は「永遠」の象徴で、婚約指輪では「永遠の愛」を約束し、結婚指輪では「永遠の絆」を結ぶという意味があるのだそうです。素敵ですね。
一生身に付けるものなので、素敵な指輪を旦那さんと見つけたいと思います。