結婚式準備を頑張る

今日は残業もなかったので、早く帰ってきました。家のことを早めに済ませて結婚式に使う小物作りに取り掛かりたいと思います。
自分たちの結婚式では小物やウェルカムボードなど、旦那さんと協力して出来るだけ自分たちで準備することにしました。

製作に時間が掛かるので今から準備しています。
式と言えば、色々な式がありますよね。キリスト式や神前式、人前式など様々です。最近ではキリスト式が一般的ですよね。神前式も日本の趣きがあり素敵ですね。私たちは人前式を選びました。人前式はどの宗教に属さないもので、家族や友人たちに結婚を認めてもらうというものです。アットホームな感じが気に入ったので決めました。

結婚式というと、私の勝手なイメージですが、何百人という人が参加する大々的な結婚式を想像してしまいすが、最近では家族だけや、親しい友人だけといった少人数の結婚式が多いようです。私はというと、旦那さんの知人・友人が多いので、かなりの人数になりそうです。

前月友人の結婚式に参加したのですが、大体80人くらいの結婚式でした。少人数でしたが、友人と話す機会も多くてとても良かったです。レストランでの結婚式で、レストランウェディングNAVIで見た通り、料理がとても美味しかったです。テーブルの飾りつけも綺麗で自分たちの結婚式で参考にしたいです。
結婚式に来てくれる方に喜んでもらいたいと思うので、頑張って準備を進めたいと思います。

選ぶのを迷う結婚指輪

今日は天気も良くて、自転車で会社に行きました。自転車に乗っている時は風があって涼しいのですが、自転車を降りた途端に汗が出て身体があつい!早く着いたので就業時間までクールダウン。休憩室にある雑誌を見ていると、ジュエリーの広告があり、そろそろ結婚式の指輪を買わないとなぁと思っていたので目にとまりました。

3月に入籍してから、まだ結婚指輪を買っていません。式が11月なので焦ってはいなかったのですが、そろそろ準備しないとですね。一生身に付けるものなのであきのこないデザインがいいなと思い、ネットや雑誌をみているのですが沢山のデザインがあります。サイドにワンポイント入れるデザインや、「メッセージ入りのもの、ダイヤつきのデザインやシンプルなものまで様々で迷ってしまいます。

ところで結婚指輪は何時頃から身に付けるようになったのが気になり、調べてみました。昔からパワーアイテムとして身に付けられていた指輪がローマ時代に結婚の儀式で結婚の証として男女が指輪の交換をしたことが始まりだったそうです。
円い形は「永遠」の象徴で、婚約指輪では「永遠の愛」を約束し、結婚指輪では「永遠の絆」を結ぶという意味があるのだそうです。素敵ですね。
一生身に付けるものなので、素敵な指輪を旦那さんと見つけたいと思います。